ハーブやスパイスには保存期間がある

 

ハーブやスパイスは乾燥物だと何年もずっと使い続けられるイメージがあると思う人は少なくないと思います。特にペッパーなどは風味が強いので、傷みにも強いイメージがあります。でもハーブやスパイスにもそれぞれ適度な保存期間というものがあります。

 

粉末状のものなら約2年、ホール状態なら3年くらい持つとも言われますが、中には1年位が良いとする意見もあります。いずれにしろあまりに長い期間保存し続けても香りの出が薄れてしまう場合があるので、適度な使い方を意識するのが大事です。でもスパイスによっては一度にたくさんは使えないので少量ずつしか減っていかないものがあるのも事実です。

 

では長期間の保存にも耐えるスパイスやハーブにはどんなものがあるでしょうか?

 

香辛料はオイルを多く含んでいるものが長持ちする

香辛料の醍醐味の一つは何と言ってもかぐわしい香りですが、あの香りのもととなっているのは精油です。エッセンシャルオイルとも言いますが、この揮発性の精油成分から芳香が出てきます。

 

それで精油成分を多く出して香りをさらに発散させるために、よくスパイスを粉末にしたりハーブの葉を折ったりしてより精油が出やすくさせるのです。ですからホールタイプのものよりも粉末タイプのものの方が香りは飛びやすいということです。でもこれは逆に言えば粉末状にすると香りや味が抜けてしまいやすいとも言えます。

 

その意味ではオイルを多く含んでいるものは長持ちしても、オイル含有量が少ないと長持ちしないということになります。

 

スパイスを長持ちさせるために

香辛料の持ちを悪くさせてしまうものとして、光や熱や湿気もあげられます。これらのものにさらされていると劣化しやすいので、スパイスを保存する時はこの点を意識した保存方法を選択することが大切です。

 

ドライタイプのものであれば冷蔵庫やその他の涼しめで暗い場所に保管しておくと良いです。容器のふたはきっちり密閉できるようなものを選びましょう。もともとの容器でも密閉できるのならそのまま使えます。

 

また新鮮なハーブなどであればジップロックなどやはり密閉できるものに入れましょう。ドライタイプとは逆で乾燥させないように根元を湿らせたキッチンペーパーなどで包むようにして、冷蔵庫保存できます。自然の形になるよう立たせて保管すると良いです。

 

まとめ

ハーブもスパイスも適切な形で保存されれば長持ちしやすくなります。香辛料の持ちの良しあしはオイルの含有量でも変わってきます。オイルは揮発性なので、粉末状にすれば香りが飛びやすくなります。

 

ですからホール状のものをその都度粉末にするという使い方もおすすめです。またドライかフレッシュかによって少し保存方法が変わってきます。貴重なスパイスを少しでも長く楽しめる工夫をしてみましょう。

関連ページ

薬膳に期待できること
中華料理は日本は当然のこと世界中で人気がありますが、一般的な中華料理ではないものの人気を得ている中華料理の一種に「薬膳」があります。
薬膳とは
「薬膳」という言葉は健康関連の話題で時々耳にすることがあります。でも薬膳って何の事でしょうか?
薬膳にもなるスパイスとは
最近注目の薬膳ですが、薬膳ではよく知られているように個人の体質と使う食材とが大事です。体質に関しては、中医学では人の体調は「気・血・水」という3つの要素から診断できるとされています。
.薬膳にも使えるハーブとは
ハーブは誰もが知っている素材ですが、具体的にハーブとはどんなものを指すのでしょうか?実はハーブに関する絶対的な定義は存在しません。
消化吸収を助けるスパイス
消化吸収というのは体の中で毎日行われている大切な生命活動です。私たちの体は呼吸や睡眠や運動を必要としていますが、体をつくるもととなっているのはやはり食事から摂る栄養です。
アンチエイジングに役立つハーブ
「アンチエイジング」という言葉は最近毎日のように耳にすることがあります。高齢化社会というワードもしょっちゅう聞かれますが、多くの人は加齢によって体の衰えや美容の難しさを痛感しているので、少しでも老化を食い止めるための苦労を惜しみません。
代謝を高められるスパイスまとめ
健康に関する番組を見たり、ドラッグストアで買い物をしたりする時に「代謝改善」とか「代謝を良くする」といったフレーズをよく目にするという人は少なくないと思います。
和風の薬膳で健康になろう
薬膳とは中国の医学(中医学)のコンセプトを基にして、料理を使って健康を維持するという食事法のことです。東洋医学がなにかと注目されるようになってきていますが、薬膳は病気の症状が明るみに出る前の段階(「未病」と呼ばれる)で、個人の体質や食材の特徴を考えて提供されるものです。
中華風の薬膳で元気を補給しよう
中国発祥の薬膳は、今後料理界でますますその存在感が期待できる料理です。薬膳と言う字の通り、これは料理によって健康を保つというのが基本的なコンセプトとなります。
オリーブオイルを使ったスパイス作り
スパイスと言えば、しょうがとかペッパーとかセージ、ターメリック、サンショウ、タイム、クミンなどいろいろな素材の名前がすぐに出てくるかと思いますが、スパイスの特徴はなんといっても香り成分です。
減塩ドレッシングでおいしいサラダを食べよう
シャキシャキ触感のサラダにドレッシングをかけて食べるととても風味良くて美味しいですが、どの家庭にもあるドレッシングって、もともと何から出来ているか実は知らないという人も少なくないでしょう。
ビタミン・ミネラルを摂取できる薬膳の工夫
「栄養バランスの良い食事」という表現は、健康を語る上で非常によく使われるフレーズです。栄養は私たちの身体を作り、健康にし、美容にも大事なものですからこれは当たり前のことです。
漢方と薬膳の違いとは
漢方という言葉は医療界においてはすっかりおなじみの言葉になっています。漢方としてよく知られているものの中には葛根湯がありますが、こちらは生姜や甘草や芍薬などに葛根や麻黄を使った漢方です。
吸収率を考えて食材を調合しよう
毎日の食事を考える時は、自分が食べたい好きなものが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、やはり大事なのは栄養バランスです。
すりおろし料理で吸収率アップ
よく幼児のためや病人の食事などで与えられるすりおろし食ですが、実はすりおろし料理は栄養の吸収という観点から言って優れている部分があります。
薬膳カレーの作り方
カレーは日本の国民食とも言えるほどどの家庭にも根付いている料理ですが、ただ美味しいだけでなく、カレーは薬効作用のあるスパイスの集合体であるということも注目に値します。
薬膳スープごはんの作り方
一年中私たちを悩ませる病気、それが風邪です。「風邪は万病のもと」とよく言いますが、それでいて「風邪の特効薬はない」ともよく言われます。
薬膳茶漬けで美容ケアできる
女性にとってたくさんある身体の悩みの中でも、おそらく1,2を争う悩みは肌トラブルでしょう。肌の良しあしは見た目に大きく影響します。
オリジナルハーブティーでデトックス!
美容を語る上で必ずと言っていいほど登場するキーワードが「デトックス」です。デトックスとは日本語でいえば毒物排出のことを意味します。
ハーブとスパイスティーでお通じ改善
「最近お通じが悪い」という人をたくさん目にします。お通じは健康のためにとても大切なものです。口から多くの栄養素を摂り入れることももちろん大切ですが、肛門から排便があることも大事です
子どもも食べられる薬膳レシピ
薬膳という言葉が少しずつ普及してきていますが、薬膳と聞くとなんだか複雑な素材を使わないといけなかったり、味もあまり良くなく仙人のような淡い食事にしないといけないというイメージを持つ人もいるかもしれません。
薬膳料理にかかる相場価格
薬膳はもともと中国の伝統医学である中医学にルーツがあるもので、漢方理論に基づいています。西洋医学と違って漢方は人体の活力アップを目指しているというコンセプトがあり、「未病」に代表されるように病気の予防もとても重視しています。
薬膳料理を作るのに必要な平均時間
薬膳と聞くとイメージとして連想するのはどんなシーンでしょうか?もしかしたら床やテーブルに敷物を敷いてその上に色々な野菜やスパイス、ハーブなどを小分けにこんもりと積んでいるような図かもしれません。
食育資格を取るには
食育というワードを最近よく耳にするようになりました。農林水産省によると、食育は生きていく上の基本となることで、知育・徳育・体育の基礎となり、食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。