漢方(医学)の特徴とは?

 

漢方を学んで薬膳を極めよう

漢方を普段愛用していると言う人は少なくないと思います。漢方は東洋医学の代表的な学術ですが、大手の製薬メーカーも漢方に注目して製品を販売しているほどです。

 

さて普段あまり意識しないかもしれませんが、漢方とはもともとは中国でその体系が組み立てられた医学です。それが日本に江戸時代に伝わってきましたが、蘭学などの西洋医学と区別するために漢方という言葉が使われるようになりました。つまり漢方という言葉は日本のオリジナルという事ができます。

 

漢方は西洋医学と違って、人間の身体の活力をアップさせることを重視しています。例えば細菌を殺すというよりは身体の抵抗力が強ければそれで大丈夫という感じです。西洋の医学はスピード感があって、抗生物質などに代表されるように合理的な治療が可能です。

 

漢方はそれでいくとゆったり感があるかもしれませんが、人の内的な力を引き出そうとする分、体の強化をはかることができ、細菌がどうこうに関係なく診療でき、副作用も少なめなので注目されています。

 

漢方を学ぶと薬膳に役立つ

漢方も薬膳ももともとは中医学に起点があるものですが、本場中国の薬膳と日本風にアレンジした和薬膳とは多少違いが出てくることもあるでしょう。ただ根本的なコンセプトでいえば薬膳は広い意味での漢方理論に基づいた実践と言えます。

 

ですから漢方についての知識を深めることで、薬膳に対する対応力を伸ばすことができるでしょう。ちなみに漢方は漢方薬と同義で使われることがありますが、漢方は鍼や灸や指圧などを含む大きなくくりになることがあります。ただ現在日本で言う所の「漢方(医学)」とは、漢方薬に通じる薬物療法のことを指すのが一般的です。

 

いずれにしても身体から現れるサインを読み取って、それに合わせた対処策を考えていくと言う点については通じるものがあるので、漢方と薬膳をセットにして知識を深めるのは良い事です。

 

漢方と薬膳両方の学習をするには?

最近は資格講座を通信教育の形で受講できるようになっていますが、漢方や薬膳に関してもそれが可能です。

 

例えば「諒設計アーキテクトラーニング」という通信講座スクールが提供している「漢方・薬膳W資格取得コース」という講座では、漢方の理論に基づく薬膳について、野菜、乾物、果物、魚、肉といった食材の効能を、漢方理論と現代の栄養学から学習することができます。

 

またレシピを学ぶことが出来、日常生活で手に入るような食材を使った料理を考えられるので、実践的な学習が可能です。

 

まとめ

漢方と薬膳とは違うものですが、どちらも中医学に基づく東洋医学の産物で、薬膳は漢方理論と密接な関わりがあります。

 

漢方についてよく知ることで薬膳に対する造詣を深めることができますが、両方についての知識を学ぶのに役立つ資格講座もありますので、自宅で気軽受講してみるのも良いでしょう。

 

健康の基本である食事のノウハウも学ぶことができるので、毎日の食卓をさらに有意義にすることが可能です。

関連ページ

薬膳資格を取るには
薬膳という言葉を聞いたことがある人はたくさんいると思います。ただ薬膳はなんだか難しそうとか、お金がかかりそうというイメージを持っている人も少なくないでしょう。
抗菌効果が期待できるハーブ
最近の生活雑貨や生活家電を見ていると、「抗菌」を宣伝する商品がたくさんあることに気づきます。抗菌とは人体に有害な最近の繁殖を防ぐという意味ですが、殺菌とか除菌といった言葉と合わせて、健康を気にする人には何かと魅力的な言葉になっています。
スパイス資格を取るには
スパイスというと日本人が思い浮かびやすいは、きっと辛い調味料といったイメージでしょう。確かにスパイスの中には辛いものもありますが、実はスパイスの種類は非常に多く、ハーブも同じ香辛料の仲間として数えれば何百、何千にも渡るほどあります。
美容に欠かせないハーブの種類
美容はいつの時代も女性にとっては特に重要なテーマですが、美容を実現するにはアウターケアとインナーケアの両方が必要です。